荒川沖駅から徒歩5分、茨城県土浦市のピアノ教室のブログ

芸術の秋

先月末から今月にかけては、学校の合唱祭や音楽会を無事終えた生徒さん達から様々な報告がありました。

今年は5名程が合唱の伴奏者に選ばれ、8月位から各自練習に励んでいましたが、どの子も自分で譜を読んで、ある程度弾けるようになってからレッスンに曲をもってきたことには感心しました。
楽譜を理解して弾く力が付いていることや、難しいながらも一生懸命自ら取り組む姿勢を嬉しく思いました。

一方、毎年伴奏を頑張っていた生徒さんの中には「今年は皆と歌いたいから伴奏をやらない 」という姿もありました。
それも素敵なことだと心から思います。
「素敵な曲なんだよ!この曲大好き」とレッスンで歌って聴かせてくれましたが、曲の世界観が伝わってくる歌声で、その子なりに精一杯詞の内容や音楽をよく感じ入って歌っている様子が感じられました。

このような時、純粋に「音楽っていいな」と思います。


発表会

毎年夏の恒例となっている発表会が、7月末に無事終わりました。

今年も参加者全員が立派にステージで演奏をすることができました。
ご家族の皆様には、本番までご理解とご協力を頂きましてありがとうございました。

はじめて参加する小さい生徒さんがいましたが、どの子も広い会場に臆することなくのびのびと演奏出来ていたように思います。
高学年~中高生の生徒さんたちは、憧れの曲や目標としていた曲への挑戦が多かったのですが、ただ「難しい曲を弾いた」という達成感だけで終わらずに、自ら良い演奏を目指して追及する姿勢があったので、名曲としての魅力が伝わるような演奏にまで結びつけることができました。

長くピアノを学び続けている生徒さんの演奏が、今年も小さい生徒さん達の刺激や憧れに繋がったようです♪

毎年大きい生徒さんたちにお願いしている
発表会を締めくくる「おわりのことば」は、その子自身のことばを添えてもらっているのですが、音楽への想いやピアノをはじめてから今までのこと等が語られると指導者として感慨深いものがあります。


発表会前に向けて

年に一度の発表会が、いよいよ今月末に迫ってきました。
ほとんどの生徒さんが安定して通奏できるようになってきましたが、ここに来て仕上がりに向けての差が出てきました。

より良い演奏を目指して磨きあげている子と、両手で最後まで弾けるようになったからと満足して細やかな練習を怠っている子と二極化しています。
レッスンでの演奏を聴くと、一週間どのような取り組みをしていたかがハッキリとわかります。

演奏は漫然と弾き通してばかりでは、良い演奏にはなりません。むしろ崩れていく一方です。
演奏において最も大切な「自分の音を聴く」ということが疎かになります。

今週そのような生徒さんには、改めて気づきを促しました。
レッスンで実践した練習を家ですぐにやってみることが大切です。家で「おさらい」をすることにより習ったことが定着し、学習の仕方も身に付いていくと思います。


江崎昌子ピアノリサイタル2019

昨日は上野の文化会館で開催されたピアノリサイタルへ行って来ました。

ピアニスト江崎昌子さんのデビュー20周年の記念リサイタルでしたが、丁度新しい時代
「令和」の幕開けと重なることとなり、私にとって非常に印象深い演奏会となりました。

曲目:
ザレンプスキ:バラと棘~ピアノの為の5つの即興曲
マギン:3つのポーランド舞曲
ショパン:舟歌嬰ヘ長調 作品60

………………………………………………………
ショパン:24の前奏曲 作品28

※アンコールでは、今日のリサイタルヘのコメントと共に3曲が演奏されました。

ショパン:マズルカ
ミハウォフスキ:ショパンの「子犬のワルツ」によるパラフレーズ
ザレンプスキ:子守歌

新しい時代に思いを馳せながら、広い空間に響く美しい音楽を聴くことが出来とても幸せな時間をすごすことが出来ました。


うたのコンクール本選

先週の土曜日、うたのコンクールの東関東本選会がありました。
会場は新御茶ノ水にある全電通ホールで、今回は予選700名の中から選ばれた幼児(就学以前)から6年生(予選時の学年)までの約80名が出場しました。

こちらの教室からは、3・4年生コースに1名が茨城代表として出場し、最高位の金賞には届きませんでしたが見事入賞することができました♪

歌うことが本当に大好きで、のびやかで美しい声を持つ生徒さんなので結果を心から嬉しく思います。

本選のステージは緊張したとのことですが、日頃から音楽を自分なりに良く感じて表現する力のある子なので、自然と聴き手に想いを伝えるように歌うことができたのではないでしょうか。

担当生徒さんの伴奏以外はずっと客席で聴いていましたが、どの子も「歌うことの楽しさ」や「音楽することの楽しさ」を心から感じているのが強く伝わってくる演奏で、とても心が動かされました。

特にその子なりの詩情や世界観が伝わってくる歌唱には聴きいってしまい、感性や表現力の豊かさを純粋に素晴らしいと思いました。


最新投稿

  • 芸術の秋

    先月末から今月にかけては、学校の合唱祭や音楽会を無事終えた生徒さん達から様々な報告がありました。 今年は5名程が合唱の伴奏者に選ばれ、8月位から各自練習に励んでいましたが、どの子も自分で譜を読んで、ある程度弾けるようにな …

  • 発表会

    毎年夏の恒例となっている発表会が、7月末に無事終わりました。 今年も参加者全員が立派にステージで演奏をすることができました。 ご家族の皆様には、本番までご理解とご協力を頂きましてありがとうございました。 はじめて参加する …

  • 発表会前に向けて

    年に一度の発表会が、いよいよ今月末に迫ってきました。 ほとんどの生徒さんが安定して通奏できるようになってきましたが、ここに来て仕上がりに向けての差が出てきました。 より良い演奏を目指して磨きあげている子と、両手で最後まで …

  • 江崎昌子ピアノリサイタル2019

    昨日は上野の文化会館で開催されたピアノリサイタルへ行って来ました。 ピアニスト江崎昌子さんのデビュー20周年の記念リサイタルでしたが、丁度新しい時代 「令和」の幕開けと重なることとなり、私にとって非常に印象深い演奏会とな …